【実体験】会社を退職するまでに準備しておきたいこと~お金編~

「そろそろ会社を辞めようかな……」

と考えている方。

会社を辞めるのであれば、お金に関する準備をしておくことをおすすめします。勢いで行動することも大事ですが、あまりに無計画だと後々大変です。

僕は10年以上務めた会社を辞めてフリーランスになりましたので、その経験を踏まえて率直にお伝えします。

会社を辞めることは、それまでの生活の基盤を手放すことなので、あなたにとってかなり苦しい決断になるかもしれません。

でも、会社を辞めて本当にやりたいことがあるのであれば、勇気を持って行動すべきです。人生は思っているほど長くは無いのですから。

ということで、会社を退職するにあたり金銭面で準備しておいた方が良いことをお伝えします。

準備①貯金について考える

現実として、まずお金が無いと身動きは取れません。

おそらく慎重な方はお金に対する準備に抜かりはないと思いますが、心配なのは「楽天家で、勢いで辞めようとしている方」です。

そんな方僕はとても好きですけど、お金は大事なのでちょっと考えてみましょう。

会社を辞めるにあたっての「必要な貯金額」は「半年もしくは1年分の生活費」と言われることが多いですが、当然のことながら状況によって大きく変わります。

必要な貯金額を考える際のポイントとして、

  1. 毎月の支出額はいくらか
  2. イレギュラーで発生する支出はないか
  3. 次の仕事の見通しはあるか

の3つを押さえましょう。

1. 毎月の支出額はいくらか

まず家計簿なりをつけて、毎月の支出額がいくらかをざっくり把握することが必要です。

それによって必要な貯金額は変わります。

2. イレギュラーで発生する支出はないか

イレギュラーの支出とは、

  • 引っ越し代
  • 結婚式のご祝儀代
  • 車の買い替え代

など、そのタイミングで必要となる支出のことです。

実は家庭を持っているかどうかも重要なポイントで、人数が増えればそれだけイレギュラーの発生率も高まります。

 

  • 病気
  • 怪我
  • 事故

など、思いもよらぬアクシデントにより、想定できなかった支出や負担が発生することを考えておきましょう。

3. 次の仕事の見通しはあるか

実はこれが一番大事だと思うのですが、次の仕事の見通しはあるかどうかをしっかりと考えてください。

会社を辞める段階で次の仕事が決まっているという方は、それほどお金の心配はいらないでしょう。

しかし僕のように、次が白紙の状態で仕事を辞める場合は慎重に貯金について考えなくてはなりません。

「収入を得ることができるようになるタイミングがいつか」をできるだけ正確に予測しましょう。

例えば、これまでやっていた仕事と同じ業種でサラリーマンとして就職先を探すのであれば、再就職までにそれほど時間はかからなそうですよね。

しかし、まったく新しいことにチャレンジしようとしている場合などは、収入を得ることができるタイミングを後ろに伸ばして予測する必要があります。

僕の場合はスキル0からのフリーランスだったので、最悪2年間は収入ゼロでもやっていける貯金額を見込みました。

準備②ランニングコストを落とす

2つ目の準備はランニングコストを落とすことです。

ここでいうランニングコストとは、

  • 携帯代
  • 各種保険代
  • 家賃
  • 教育費
  • 遊興費

などを指します。

会社を辞めて収入を一時的に失うことに耐えるために、可能な限り出ていくお金を減らしておきましょう。

家計のぜい肉を落とし、筋肉質にしておくことでお金の問題で悩まされる確率を下げることができます。

【ランニングコストの見直し例】

  • 携帯代:格安SIMに乗り換える
  • 各種保険代:必要最低限に絞る。生命保険は掛け捨て
  • 家賃:不要なものを処分して、今よりも間取りの狭いところに住む
  • 教育費:何となく続けているものは一旦やめてみる
  • 遊興費:外食の回数を減らす

今一度、家計全体を見直してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です