半農半Xとは?自分らしい生き方を考えてみよう

 

「半農半Xってそもそも何?」

という方が多いかと思います。

半農半Xとは、塩見直紀さんという方が1990年代半ば頃から提唱してきた「農的な暮らしを取り入れたライフスタイル」のことです。

具体的に言うと、自分や家族が食べる分くらいの食料は小さな自給農でまかない、残りの時間は自分のやりたいことやミッションに費やすという生き方です。

この半農半Xという暮らし方は、「収入が減少しても心豊かな暮らしをしたい」という人たちから共感を集めていて、特に20代〜40代が関心を示しているようです。

自分も初めてこの本を手にしたときに「こんな暮らしできたら理想だよな~」と思いましたが、まさか本当にそのような暮らしへ踏み出すことになるとは!

半農半Xについて詳しくは、ぜひ塩見さんの著書を読んでいただければと思います。

created by Rinker
¥821 (2018/12/11 13:34:36時点 Amazon調べ-詳細)

「農のある暮らしはわかるけど、やりたいこととか、ミッションってよくわからない……」

確かにその通りで、半農半Xの「X」の部分を見つけるのはすごく難しいと思います。やりたいことがすでにある人にとっては何も難しくないのですが、大多数の方にとって「やりたいこと」って難問なはずです。

自分も正直いまだに自分にとっての「X」が何なのかよくわかってません……。

 

ここでは、まず「半農半Xの暮らしを実現したい!」と思ったときに、何から始めればよいのか、という点についてお伝えします。

「農的な暮らし」とは消費から生産へシフトすること

まず、農的な暮らしに近づくためにはどうしたらよいのでしょうか?

ふだん農にあまり関りなく暮らしている方には、少しハードルが高く感じるかもしれません。しかし、農的な暮らしとは決して畑を耕すことだけではありません。

突き詰めると、農的な暮らしとは「生産的な生き方」に近づくことです。

たとえば、

  • イスを買うのではなく、作ってみる
  • 外食をするのではなく、丁寧に食事を作ってみる
  • テレビを観るのではなく、ブログを書いてみる

何でもいいと思います。

お金を払えばすぐに手に入るものを、あえて自分の手で作ってみる。

そこにはある種の努力や工夫が必要ですし、それによってモノが得られる以上のメリットが生まれます。それこそが農的な暮らしに近づく第一歩です。

「X」を決めるためには自分をよく知ること

次は「X」の部分です。

「X」は「自分の天賦の才を活かす」ということらしいですが、これはなかなかハードルが高いですね。

大事なのは「自分をよく知ること」です。

  • 自分が何を好み
  • どんなことでモチベーションが上がり
  • どうなると幸せなのか

これには、「みんなに共通した正解」というものがありません

自分1人ひとりで見つけないといけない。だから難しいんですよね。

人によっては時間がかかるかもしれません。

でも時間をかけるに値するテーマだと思います。

とりあえず一歩踏み出そう!

ここまで「半農半X」についてお伝えしました。

なんとなく半農半Xに近づくイメージは掴めたでしょうか?

ポイントは、

  • 何でもいいから生産してみる
  • 自分をよく知る

この2つです。

考えてもよくわからない場合は、とりあえず手あたり次第行動してみることをおすすめします。

何もやらないで考えているよりも、やってみて失敗から学びを得て改善していく方がずっといいと思いますし、結果も良くなるはずですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です